だらだら残業を劇的に削減した事例~適切な残業の許可制の導入

更新日:2021年12月2日

CC・BizMate勤怠管理クラウドサービス

(運営:株式会社 クロスキャット様)の「HRブログ

でコラムを書かせていただきました。


『だらだら残業を劇的に削減した事例

~適切な残業の許可制の導入』という内容です。


無駄な残業を削減する目的から、

就業規則で「許可しない残業は認めない」

という残業の許可制を導入している会社は多いと思いますが、


「思ったように残業が減りません」

というご相談を多く受けます。


しかし、お話をよくうかがうと残業の申請方法、

及び許可の仕方に問題があるケースが多いです。


今回は、残業の申請方法・許可の仕方を変えただけで、

最終的には、5人の部署で100時間以上の残業が減った

汎用性の高い事例をご紹介させて頂きました。


1500文字程度で最も即効性のある方法は何か?

という観点から選んだ事例です。


だらだら残業を劇的に削減した事例~適切な残業の許可制の導

https://www.cc-bizmate.jp/overtime-reduction-cases/


クロスキャット様のメルマガでも一部内容を掲載下さるとのことです。


当事務所は就業規則の専門事務所ですが、

特に、就業規則の整備による残業代問題の解決が得意としています。


2021年10月末日時点で

・残業代問題の解決事例数323

・相談企業の94 .44%で効果的な対策案の立案実績があります。


お役に立つ内容になっていると思いますので

https://www.cc-bizmate.jp/overtime-reduction-cases/

のコラムをお読み下さい。


なお、かいけつ!人事労務

https://www.kaiketsu-j.com/

でもお読みいただけます。


最後まで、お読みいただき、

ありがとうございました。




最新記事

すべて表示

運送業の経営者必読のメールマガジン 『 運送経営改善社の1分ニュース』で、大不況時代の就業規則・雇用契約書 の見直しのポイントというテーマで記事を書かせていただくことになりました。運送経営改善社の高張社長はマスコミにも多く取りあげられている有名な方です