top of page

残業代問題を解決する無料相談月3社限定で実施中!(1日時間無制限

プロフィール社員PNG_edited.jpg

業代相談企業の97 .36%で効果的な対策案の立案実績のある社会保険労務士です

残業代でお困りの経営者(社長・取締役​後継者)方へ

​残業代の問題は対応を誤ると会社が危機に陥る重要な課題です。無料相談では実行可能な現実的な解決策をご提案します

​一言で、残業代といっても様々な問題がありますが、御社は、例えば、こんな問題でお困りではないですか?

■先代の社長から会社を継いだが、制度が未整備な部分が多く未払い残業代がある。当社の実情に合った内容で、未払い残業代の問題を解決したい。

■固定残業代(みなし残業代)を導入したいが、導入に不安がある。未払い残業代が生じても困るし専門家にまかせたい。それに、他にも「もっと良い」方法があるなら知りたい。

■退職した社員から未払い残業代を請求された。他の社員にも未払い残業代がある。このままでは不味いので、残業代を削減しつつきちんと支払っていく仕組みを作りたい。

当​​残業代の問題は人件費にかかわる問題です。対応を誤ると、会社が危機に陥るほどの課題で、しかも、年々深刻化しています。賃金の消滅時効が2年から3年になりました。2023年の4月1日から中業企業でも月60時間超えの時間外割増賃金が5割に引き上げられました。つまり、数年前に比べて未払い残業代を請求された場合の額が単純計算で1.5倍以上ということになります。もう、残業代の問題の放置は会社を危機に陥れる問題です。

 

しかし、自社で解決しようとしても中々難しい問題の1つです。まず、法律が複雑・難解です。様々な情報が溢れかえり、却って混乱している方も少なくありません。かと言って、残業代は人件費に関する問題です。経営者層が対応しないといけない内容もあり、社員に任せっきりにはできないでしょう。

 

自社では対応できず社外の専門家に相談した経営者の方も多いでしょう。実際、当事務所には「他の専門家に相談した」という方が多くご相談にお越しになりますが、納得がいく、現実的な解決策にたどり着けていない場合が多いようです。それでは、「何とかしたい」という思いはあっても、どうしてよいかわからなくなりますよね。

残業代の問題でお困りなら、97.36%の企業で効果的な対策の立案実績がある、当事務所にご相談ください。

残業代の問題は、当事務所が最も得意とする分野です。​もし、自社で残業代問題を解決できない、又は専門家にご相談したことがあるのに残業代の問題が解決できなかったのであれば、1度、当事務所にご相談ください。

 

御社の実情に合った(実行できる・現実的な)内容の対策をご提案いたします。未払い残業代の問題が解消され不安から解放されます。しかも、その場限りの対策ではないので、一度、作った仕組みはこれからも資産として残ります。

 

際、当事務所にご相談にいらした企業の9.36%で残業代の問題が解決・改善しています。(お客様にうかがった数値​・結果です)。

もちろん、完全解決した企業ばかりではありませんが、経営者の方に安心していただき、「十分に効果がある」といえる改善はできています。残業代の問題は経営者に「問題を解決する」という強い意思があれば、有効なご提案ができると考えています。

なぜ、当事務所では驚異の実績を出せるのか?​それには理由があります。

97%以上で、何らかの効果のある提案ができるというのには理由があります。理由には大きく分けて2つありますので、ご説明いたします。以下をお読みいただければ、ご理解いただけると確信しています。

その1.就業規則に特化した専門事務所(業務の99%超)なので、豊富な解決事例を有しているから。

当事務所は、就業規則の整備により人事・労働の課題解決業務に99.01%の時間を費やし続けている、数少ない就業規則に特化した社労士事務所です。時間数にすると、多い年は、年間2500時間以上です。その中でも、残業代のご相談が最も多いです。

 

当事務所には、膨大な解決事例(数にして384事例)があります。解決事例が多くなると、大抵の問題に対して複数のご提案ができるようになります。1つの問題に対して複数の提案ができると以下のような流れになり、課題が解決する確率が飛躍的に向上するのです。

 

社長「話は以上です。どうしたら良いでしょうか?」

私「○○(解決策A)はどうでしょうか?この案で御社の問題は解決できないですか?」

社長「それは、○○(できない理由A)でできません」

私「それでは、○○(解決策B)はどうでしょうか?」

社長「なるほど、いい案ですね。でも、○○(できない理由B)でちょっと無理かも・・」

私「それでは、○○(解決策Bの修正案)はどうでしょう?」

社長「それなら、当社にも採用できそうです」

私「それは良かったです。他にも、○○(解決策C)もありますが、これはどうでしょう?」

社長「それもできます。」

私「それでは、2つを併用して採用しましょうか?」

社長「はい、お願いします」

いかがでしょうか?残業代に限った話ではありませんが、1つの問題」に対して、「1つの解決策の提案」しかできないと、中々、お客様にとって現実的な提案ができませんが、複数の解決策を提案できれば大抵の問題は解決します。複数の提案ができるために必要なのは「今までどれだけ多くの業務を行ったか?(解決事例数)」です。当事務所は就業規則に専門特化し続けてきたため、膨大な解決事例があり、現実的なご提案が可能なのです。

その2.会社のことを1番考えている経営者の価値観を大切にし、経営者のお話を伺うことを最も大切にしているから

いくら力のある専門家であっても、問題が解決するとは限りません。経験・知識(実力)と同じぐらい重要なことがあります。それは、経営者の思いを大切にし、きちんと話を聴くということです。

 本来は、できて当たり前のことですが、現実はどうでしょうか?意見を押し付けられた経験がある方が非常に多いようです。

 

もし、専門家が意見を押し付けたら、どうなるでしょうか?専門家が話を聴く姿勢ができていないと、ご相談者は心と口を閉ざしてしまいます。それでは、どんな素晴らしい解決策を有していようと、そこで会話は止まり有益なご提案はできなくなります。

 

会社のことを1番考えているのは経営者です。誰よりも会社のことを考えている経営者に、心を開いて話をしてもらうため、経営者の価値観を大切にし、きちんと話を聴くことが何よりも大切なことです。当事務所は決して経営者の価値観を否定するようなことがないよう常に意識しています。​それが、97.36%​の企業で問題が解決している理由の一つです。

​残業代対策の料金・料金に含まれる内容

未払い残業代の総額

​料金を考える前に、もし御社に残業代の問題があるなら、総額を1度計算してみて下さい。想定外の金額になっていないでしょうか?

このページをここまでお読みいただいた方には改めてご説明するまでもないことだとは思いますが、残業代対策の料金を考える前に、もし御社に未払い残業代があるなら総額を計算してみてください。未払いの残業代がない場合、​取り組もうとしている残業代の額でもかまいません。想像以上の額になっていませんか?

 

10名の社員に平均して1日1時間分(時給2000円)の未払い残業代があった場合、総額は2000万弱になります。実際の計算式でお示ししつつ、更に、「1日1時間程度の未払い残業代は容易に生じるということ」を「未払い残業代の総額:社員10名で2000万円弱のケーススタディ【会社の残業代対策に強い社労士が解説の記事で書いています。ぜひ、お読み下さい。

このように、残業代の問題は、多額の人件費を扱います。未払い残業代などを請求されたときの会社の時間的・金銭的リスクは甚大ですが、他の業務よりお時間を十分に確保することが必要です。なぜなら、残業代の問題は法律が複雑なうえ、御社の業務内容・業種・会社の規模、及び働き方を詳しく伺わない限り、会社の実態に合った現実的なご提案(御社にご納得いただけるご提案)は出来ないからです。そこで、お客様企業の課題にコミットするお時間を十分に確保し、お客様が実行できるご提案をさせていただくのに相応しい料金とさせていただいています。

 

料金の詳細は「料金のご案内ページ(残業代対策コンサルティング(及び書類の作成)」をご覧ください

Q 残業代の問題解決に就業規則の整備が必要な理由を教えてください

A 残業代の問題は「労働時間」「休日」「賃金」が絡む問題ですが、これらは労働基準法89条で就業規則・賃金規程に必ず記載しないといけない内容になっているからです。つまり、残業代の問題の解決策は就業規則・賃金規程に記載しないと法的に有効にはならないのです。もちろん、就業規則等を自社で作成していただける場合​、その分の料金は減額されます。ご相談下さい。

定額残業代など導入したい制度が既に決定している会社様で、労働時間コンサルティングが不要な方の料金

残業代に関する業務の中には、労働時間・休日のコンサルティングが不要(就業規則本則の整備も不要)な業務もあります。社内の詳細なご事情を伺わなくても行える業務もあります。そういう業務の場合、打合せは1回ですむこともあります。

その典型例が定額残業代です。当初から定額残業代の導入が決まっていて、それ以外の制度の導入の検討すら不要という場合には、料金は「55,000円(税込)~」となっています。

残業代無料相談

まずは、会社の残業代対策 無料相談にお申込下さい

大変申し訳ございませんが、当事務所は、いきなり業務のご依頼をいただいてもお受けすることはできません。まずは、残業代問題の無料相談を必ず受けていただています。当事務所が御社に効果的な提案をすることができない場合には、料金をいただくことはできないからです。

 

御社が抱えている詳しいご事情をうかがい、御社にとって最も効果的な問題解決の方法をその場で御社と一緒に模索し提案します。無料のサービスを受けていただいた結果、「これなら、残業代の問題を改善できる」と御社が確信した場合(ご納得いただけた場合)、業務のご依頼をご検討頂く流れとなっています。

なお、毎月26日を起算日として1日時間無制限で月3社限定(賃金​規程無料相談と合わせて月3社)となっています。時間無制限で行っている理理由は以下をお読み下さい。

 

また、通常の無料相談とは異なることを意識しています。就業規則無料相談(コンサルティング)と考え方は同じです。無料相談について詳しくお知りになりたい方は、以下のページをご覧ください。

​当事務所の無料相談は何が違うのか?

​他の無料相談とのご関係

当事務所では、就業規則に関して、広く無料相談(月5社限定)を行っていますが、賃金規程・残業代の問題も含めて月5社となっています。賃金・残業代無料相談が月3社が上限となっている理由は、非常に高度な内容になるからです。

残業代無料相談での当社労士事務所からのお約束

残業代無料相談を受けていただくと、残業代の問題解決の方法・ノウハウを無料で知ることができます。そうしなければ、残業代の問題を解決できるかどうかを御社にご判断していただけないからです。​しかし、残業代無料相談を受けたからと言って、有料で業務に業務を依頼するかどうかは別の話です。私から一切の営業活動をしないことをお約束します。料金のお話を私からすることもありませんので、気に入っていただけまいたら御社からおききください。

残業代問題無料相談をお受けいただける方

大変申し訳ございませんが、原則として、経営者の方にご参加いただくことをお願いしております。もちろん、代表取締役の方でなくても、役員の方、後継者、(家族経営の場合には)ご家族の方、実務担当者等で会社から課題を任されている方であれば問題ありません。

地域についてですが、当事務所へお越しいただけるのであれば、全国から受け付けております。現在は、ZOOMでも行っています。

当日を有意義なお時間とするために!

 御社で抱えている課題を予めご整理いただき、就業規則や賃金規程・雇用契約書等をご用意いただくとより具体的なアドバイスができます。

 

最後になりますが、「専門家は経営者の気持ちがわからない」​「話をきちんと聴いてくれる専門家は本当に少ない」というお話を聴くことがあります。

 

当事務所は経営者のお話を聴くことを最も大切にしています。なぜなら、ご相談者である経営者の方が会社のことを1番お考えだからです。人件費の悩みから解放されたい経営者からのご相談をお待ちしています

​お問い合わせ・無料相談はこちら

プロフィール社員PNG_edited.jpg

​当事務所は人事労務問題の専門事務所です。特に、残業代をはじめとした労働条件の相談が多いです。人事労務の問題に関して多くの会社の悩みをお聞きし解決に導いてまいりました。自社で進めてみたけど、又は人に相談してみたけど解決できなかったのであれば、ご相談ください。一緒に解決を目指しましょう

bottom of page