​労務顧問契約を社会保険労務士と結ぶ前に

ご検討いただきたいこと

御社が労務顧問契約を社会保険労務士と結ぶことをご検討されている理由・目的は何でしょうか?社会保険はお役所に聞くのが1番です

御社にお聞きしたいことがあります。労務顧問契約を社会保険労務士と結ぶことをご検討されている理由・目的は何でしょうか? 

書類作成・提出を代行してもらいたいのなら別ですが、労働保険・社会保険のことで相談したいわけではないでしょう。そのような問題はお役所に聞けば済む問題です。無料で教えてくれます。しかも、正解があります。相談をするだけなら、お金を払って社会保険労務士に相談するより、お役所に聞いた方が早いです

 

社会保険労務士と労務顧問契約をご検討しているといことは、主に、社員の問題で悩んでいるのだと思います。例えば、残業、年休、賃金、退職金、働くうえでのルール整備、退職・解雇、懲戒等々、問題社員とのトラブルを避けたい等の課題を抱え、それらについて解決したいからでしょう。これらは、法律を知っているだけでは解決しません。法律を前提として会社で問題を解決しないといけないのです。労基署(お役所)の仕事は法律に反しているかを答えることで、会社に最適な提案をすることではないからです。この分野は、力のある専門家の力が必要になります。

しかし、もし、御社が従業員数30人未満の会社で、これら労働問題(社員に関する問題)について、相談を目的とした労務顧問契約をご検討しているのであれば、まずは、御社の実情に合った就業規則・雇用契約書の整備をご検討いただくことを当社会保険労務士事務所では強くおすすめします。

就業規則・雇用契約書の整備で、多くの労働問題(社員に関する問題)に対処できるようになります

就業規則・雇用契約書の整備で、多くの社員に関する問題には対処できるようになるからです。実際、当社労士事務所では、毎年、200件以上の労働問題(社員に関する問題)の課題のご相談をいただきますが、その多くは就業規則と雇用契約書の両方を整備していれば解決できた問題です。国が労働条件通知書や就業規則の作成を義務付けているのは、それらを整備していれば、会社と社員のトラブルは大抵防げるからです。つまり、会社のことを考えて法的義務になっているのです。だから、逆に、これらを整備していなければ、その場その場の対処療法で問題を解決していくことになります。キリがありません。

 

もし、御社に就業規則も雇用契約書もあるのに、社員とトラブルが生じ悔しい思いをした経験があるのなら、それは就業規則の内容に問題があるか、使い方に問題があります。実際に問題が生じた際に役に立たなければ、雇用契約書も就業規則も、ただの紙の束に過ぎません。きちんとトラブルが回避できる就業規則・雇用契約書にしておけば問題は解決します。なぜなら、就業規則を整備するということは労務問題(労使トラブル)解決のシステム化と同じことだからです。

少なくても、当事務所が作成した就業規則は、そこに書いてある通りに行動していただければ、問題は解決できるようになっています。労働問題に自社で対処できる仕組みが出来上がる内容になっております。また、解説(マニュアル)をお付けしますので、自社で使いこなすこともできるようにもなります。

まずは、御社にある就業規則がただの紙の束からになっているのであれば、会社を守ることができる盾に変えましょう!

社外の専門家の経験や多くの解決事例を聞きたいなら労務顧問契約しかありません!

しかし、社員数が増えてくると、就業規則・雇用契約書の整備だけでは解決できない問題が生じてきます。また、社員数が数名の会社であっても、社員の意見を尊重していく社風ですと、就業規則等の整備だけでは意味がありません。なぜなら、人間関係の相談が中心になるからです。そのような場合には、頼りになる経験豊富な相談相手がいるというのは心強いと思います。相談を目的とした労務顧問契約にも意味があります。もちろん、当社労士事務所でも労務顧問契約をご提供しています。​

​就業規則・雇用契約書を整備しても解決できない問題は、実際の労働の現場で、どう解決して来たのかという事例が最も役に立ちます。

どんな優秀な社員であっても経営者であっても、豊富な他社事例を有している人はいません。例えば、100社の労使トラブルの事例を有している総務の社員がいたら、それは、逆に、問題ではないでしょうか? 

 

他社の解決事例(多くの会社がとっている方法)は、経験豊富な専門家に聞いてみてしまうのが1番です。専門家と労務顧問契約を結ぶ大きなメリットの一つだと言えるでしょう。ただし、経験豊富というのが前提になります。

 

当社労士事務所は、労働問題の課題解決業務に98%以上(時間数にすると、多い年は、会社規程、及びその関連業務だけで年間2500時間以上)の時間を費やし続けている専門特化した数少ない事務所です。一般的な事例から特殊な事例まで、毎年、年200件(一昨昨年247件、一昨年211件、昨年251件)を超える豊富な人事労務の課題相談事例があります。その専門特化した事務所の経験・ノウハウ等をご提供いたします。

また、単なる相談業務だけではなく、当事務所が作業を負担する労務顧問契約もご提供しています。自社の総務・人事部の社員の方々で済む内容に関しては自社で行っていただき、(先ほどの労使トラブルの解決事例のアドバイス等)自社ではできない性質の業務をご依頼いただくのをお勧めします。

労務顧問解約の内容、及び料金

相談のみの労務顧問なのか、作業を伴うのかで料金は変わります。また、作業を伴う場合には、どのような作業を求められるかによっても料金は変わります。当然、求められる作業が増えるほど料金は高くなるとお考えください。なお、当事務所は人事・労働問題の専門事務所です。作業は人事・労働の分野の問題が中心ですが、人事・労働問題の分野の作業であれば、柔軟に対応しますのでご相談ください。料金は全て月額制です。

01相談のみの

労務顧問

料金は、従業員数、相談の発生頻度・受ける相談の難易度等で変わってきます。料金は、8,800円(税込)~となっています。なお、相談のみの顧問契約と言っても、法律の質問をされるだけという時代ではなくなっています。そもそも、法律を知りたいのであれば、労働基準監督署へ問合せれば済みます。ご相談は「会社が抱えている課題をどうやって解決するか?」についての事例が中心になっています。弊所では、一つの課題に対して複数の事例をご紹介するように心がけています。

02 相談に加え

作業も行う労務顧問

以下のような作業を行う場合は、従業員数、又は発生頻度によって、一般的には22,000円~55,000円(税込)となります。

・労働基準法関係の書類の作成(36協定の作成・提出等)

・従業員への説明資料、その他従業員に配布する資料の作成

・従業員と雇用契約を締結する際の雇用契約書の個別作成

・会社への定期的な訪問(随時の訪問は01でも行います)

・会議への出席、及びファシリテーター(役員会議含む)

03特別な業務も月額制で行う労務顧問

研修や就業規則の改定等は、一般的には、労務顧問に含まれるものではなく、別途ご契約いただく業務です。​しかし、例えば、就業規則の改定を法改正や社内で問題が起こる都度、別途契約するのは面倒だという会社様も多いです。そこで、予め範囲を決めて月額契約(リテーナー契約)とすることも可能です。料金については別途ご相談となります。例えば、以下のようなサービスがあります。

・新入社員研修​・管理職研修・ハラスメント研修を行う研修顧問

・法改正・時代の変化に伴う就業規則の改定 を行う就業規則顧問

・離職理由・従業員の定着に関するアンケート・レポート顧問

以上、労務顧問は様々な形態がありますが、ご要望に合わせて柔軟に対応させていただいています。多くの解決事例・他社事例、社外の専門家を是非ご活用ください。

なお、当社会保険労務士事務所は創業以来14年に入りましたが、労務顧問契約が更新されることなく1年(以内)に終了した会社は社もありません。このようなありがたいお付き合いをさせていただけているのは、売上になるからと安易にお引き受けすることはせず、本当に必要なお客様だけに顧問契約をお勧めしているからだと考えております

使用しなかった料金を翌月以降に繰り越していける経営者にうれしい顧問契約​

​顧問契約は納得性という観点から疑問がの残る契約ではないでしょうか?

顧問料は、仕事が発生してもしなくても支払わないといけないものです。例えば、3万円の労務顧問契約を結んでいただいたとしても、全く業務の発生しない月があるかもしれません。1万円分の仕事しか発生しない月もあるかもしれません。そうすると、2万円分の料金が無駄になります。

 

もちろん、顧問契約は毎月の料金が決まっているので、支払いが面倒でないというメリットもあります。しかし、その反面、労務顧問契約は料金の納得性という観点からは疑問の残る契約です。

 

そこで、仕事量が顧問料に比べて少なかった場合、その月の料金を翌月以降に繰り越していける独自の顧問契約の料金プランを採用しています。毎月の料金が同じという顧問契約のメリットをそのままに、料金の納得性も満たす顧問契約の料金プランです。

この当事務所独自の料金プランは、『マイレージプラン』®と命名し商標を取得しています(登録商標第5673244号)

このマイレージプランは、「いただいた料金分の仕事はしっかりする」「仕事が発生していないのに料金をいただくことはできない」という当事務所の仕事に対するスタンスが強く現れているとお客様からは仰っていただけています。なお、もちろん、通常の顧問契約とマイレージプラン®のどちらかお好きな方をお客様にご選択いただけます。

通常の顧問契約をご利用いただいた方がお得な会社様

マイレージプランより通常の顧問契約のプランでご契約いただいた方がお得な会社様もあります。

通常の労務顧問契約では実際にお支払いたいただいた顧問料より仕事量が上回ったとしても当事務所では別料金を請求しないことがほとんどです。多くの仕事が発生することが最初から見込まれる場合には通常の顧問契約を結んでいただく方がお得です。

また、全ての仕事に対してマイル(料金)を提示する割り切ったプランです。料金のことをあまりかくお話したくないという方も通常の顧問契約をおすすめします。

​お問い合わせ・無料相談はこちら

​当事務所は人事労務問題の専門事務所です。専門事務所と名乗る以上、給与計算、社会保険の手続業務等は行っておりませんが、その分、人事労働分野の問題に関して多くの経営者の苦しみをお聞きし解決に導いてまいりました。自社で進めてみたけど、又は人に相談してみたけど解決できなかったのであれば、ご相談ください。一緒に解決を目指しましょう

■就業規則に強い社労士事務所

フェスティナレンテ社会保険労務士事務所

フェスティナレンテ社会保険労務士事務所 所在地

所在地 〒104-0052 ​

東京都中央区月島1-16-8 GRID402

有楽町線月島駅8a出口徒歩7分 大江戸線8a出口徒歩6分

​月島駅を出ましたら、もんじゃストリートへ向かって歩いてください。もんじゃストリートに月島署地域安全センターがありますので、隅田川の方向に進んでいただくと1階にBARが入っているビルがあります。その4階になります

 Copyright フェスティナレンテ社会保険労務士事務所. All rights reserved.