就業規則作成・見直しのお見積りの当社労士事務所の考え方

更新日:6月21日

「就業規則を作成したいのですが、

いくらですか?」


けっこういただくご質問です。


特に、メールでいただくことが多いですが、


お見積りについては詳しいお話を

うかがってからとさせて頂いています。


などかというと、メールでお問合せをいただいても

即答することができないからです。


「えっ、なんで?」


「だって、社労士の比較サイトでは答えてくれるよ?」


そう思われた方も多いのではないでしょうか?


そこで、就業規則の見積もりについて知りたい

経営者の方にも参考になる話だと確信していますので


当社労士事務所のお見積りの考え方

についてご説明させていただきます。

 

結論から申しあげます。


就業規則は作成・見直す目的で

料金が違ってきます。


したがって、詳しくお話を伺う前から

「就業規則はいくらです」

と即答することはできないのです。


なぜ、目的で料金が違ってくるかというと


完成までに費やす時間も労力も

全く違うものになるからです。


それに、就業規則の整備では

御社の目的が達成できないこともあります。


そのような場合には、

予めお伝えしないといけません。


ですので、料金のお話をする前に、

御社の就業規則を作成する目的を

うかがうところから始める必要があるのです。


これだけの説明ではわかりづらい

かもしれません。そこで、


例えば、テレワーク規程を例にご説明します


テレワーク規程を作成したい

というご相談を受けたところ、


詳しくお話をうかがうと、


自宅で働いているのに労働時間で

仕事を評価していくのは納得がいかない!


だから、目標達成に応じて

賃金を評価するようにしたい!


このような目的であることが

判明することがあります。


「あります」というより・・

非常に多いです。


これは、表面的なご依頼は

テレワーク規程の作成ですが、


テレワーク規程を整備だけでは

目的が達成できません。


実質的なご依頼の内容は

賃金制度の改定です。


そうなると、料金は全く異なるものになります。


完成までに費やす時間も全く違ってきます。


少なくても数万円で作成するという

専門家はいない業務です。


万一、いらっしゃったらごめんなさい。

私は知りません。


「テレワーク規程は〇万円です」


詳しくお話を伺う前から、

そんなことを軽々しく言って


後からメールのやり取りで

「賃金制度は、別料金です」

と言われたらどう思うでしょうか?


しかも、桁が違う料金を

後から言われたら・・


納得がいかないはずです。


最初に、詳しくお話を伺えば、

上記のような問題は起きません。


そういう理由から当社会保険労務士事務所では

「お見積りは実際にお話をうかがってから」

とさせて頂いているのです。

 

就業規則はお客様企業にとってわかりずらいサービスです


お見積りのご質問を受けた際に、

私がお話をさせていただくことがあります。


「家を建てたいのですが、どれぐらいの期間で建ちますか?」

「家を建てたいのですが、いくらかかりますか?」


このようなご質問をする方は

いらっしゃいませんよね。


なぜなら、どんな家を建てるかで 完成までにかかる期間も料金も

違ってくるのは誰もがご存じだからです。


「(何でも良いから)1日でも早く建ててください」


このようなことを仰る方もいないはずです。


適切な納期よりも早く家を建てることが

どれだけ恐ろしいことか・・を知っているからです。


また、「安ければ安いほどいいです。

安くなるなら、鍵や窓や蛇口(水道)もいりません」


このようなことを仰る方もいないはずです。


鍵や窓や蛇口(水道)がどれほど

居住に重要かを誰もがご存じだからです。


就業規則に関しても家を建てるのと全く同じなのですが、

就業規則は作成した経験がない方も少なくないため、

(見たことすらない方もいます)

それがわかりずらいのだと思います。


そういう理由から、当事務所では

就業規則のコンサルティングを無料で行っています。


ぜひ、ご活用ください。

https://www.festinalentesroffice.com/taimensoudan


最後まで、お読みいただきありがとうございました。


最新記事

すべて表示