top of page

マイベストプロ東京から当社労士事務所代表が取材を受けました

更新日:3月25日

マイベストプロ東京は、朝日新聞社が運営協力している専門家の登録サイトです。


当事務所(フェスティナレンテ社会保険労務士事務所)の代表がインタビューを受け、取材記事が掲載されました。


当事務所の強みや特徴についての2000字弱のロングインタビューです。


マイベストプロは専門家をお探しの方と専門家をつないでくれるサイトです。私はそのように認識しています。


ただ、私に関して言えば、取材記事をみた方からの仕事の依頼を期待して登録したわけではありません。


登録した目的は2つあります。


1つは、信頼性です


マイベストプロは料金を支払って登録するサイトです。その過程でインタビューを受けます。


しかし、その事実によってマイベストプロに掲載されることによる事務所の信頼性が減るわけではない。そう考えました。


専門家登録されるためには審査があるからです。どのような審査かというと、メディアと同じ基準の審査なのです。


マイベストプロ東京で言うと朝日新聞社の基準とのことです。つまり、マイベストプロに掲載された専門家=朝日新聞社の審査基準を通った専門家ということになると考えました。


イコールとは言えなくても、ニアリーイコールであることは間違いがないでしょう。そうなると、他のメディアの方からすれば、安心感が増しますので、取材や執筆等の依頼もしやすくなります。当事務所ではそう考えました。


取材記事も同じです。メディアの審査が入ります。メディアの審査を通った取材記事ということで、信頼性を担保できるのではないかと思うのです。


二つ目は、コラム執筆です


当事務所は開業以来、情報発信に力を入れてきました。マイベストプロではコラムを書けます。


「自分のブログがあるじゃないか?」と思われるかもしれません。確かに、私はこのブログ以外にももう一つブログを運営しています。そちらのブログのドメインエイジは10年を超えます。


しかし、どれだけ多くの記事を書いても、どんなに良い内容の記事を書いても、中々、検索順位の上位に来ない「テーマ」があります。


内容の良し悪しで検索上位に来るわけじゃないのです。それが、本当に、残念で仕方がありませんでした。


そういう理由から、外部のサイトに記事をご提供したりしてきました。


しかし、マイベストプロ上でコラムを書けば上位で表示されます。マイベストプロにはそれを可能にするドメインパワーがあるのです。これは、とても大きなベネフィットだと考えています。


取材記事はこちらです。


最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。








Comments


bottom of page