フェスティナレンテ社会保険労務士事務所お問合せフォーム

この度は、フェスティナレンテ社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただきましてありがとうございます。 

当社会保険労務士事務所は、業務のご依頼をいただく際には、通常は有料で行っている人事労務問題解決のための就業規則相談(無料)というものを無料で受けていただいております。

もし、御社が抱えている問題を就業規則以外の手段で問題が解決できるのであれば、就業規則の見直しは必要ありません。

 

お金になるからと安易に何でもお仕事をお引き受けすることはお客様企業にとっても失礼にあたりますので、事前に必ずお受けいただいています。

■就業規則のご相談で意識していること

当社会保険労務士事務所の就業規則相談(無料)は一般的な『就業規則無料相談』や『法律相談』とは異なるものになるよう強く意識しています

(1)ただ、お話を伺うだけではありません

(2)調べればわかる法律の解説をするだけでもありません

 

専門家にご相談する際に、ただ話を聴いて欲しいわけではないでしょう。それでは問題は解決しません。単に法律を知りたいだけでもないでしょう。それなら、労働基準監督署へ聞けば済むからです。

 

御社が今抱えている課題について実施可能な解決策を一緒に模索しその場でご提案いたします。これが、一般的な無料相談や法律相談と違うところです。

 

したがって、御社は当社会保険労務士事務所の就業規則無料相談を受けていただくことで、現在抱えている具体的な課題に対する解決策を手にすることができます。当事務無所が行っている有料のコンサルティングと何一つ変わらないものです違いはその後の作業を行えないことと、1日限定であるところです。

■なぜ、本来、有料であるべき解決策の話まで無料で行うのか?理由は主に2つあります

人事労務の課題は会社にとって重大な問題です。そんな大切な課題を任せていただくのです。どのような業務を行うのかをお客様の目で事前にご判断いただいたうえで業務をご依頼をいただきたいのです。その判断材料としていただくには、有料で行っているコンサルティングと全く同じ内容をご提供しないと意味がありません。

 

そのような理由から、業務のご依頼をいただく際には、他の専門家にも1度は就業規則のご相談いただくことをお勧めしています。相性もありますので、他の専門家と比較したうえで当事務所をお選びいただきたと思っています。実際、ホームページから当事務所に業務のご依頼をいただいたお客様の77.7%(就業規則の見直しに限れば85.7%)は、他の専門家に一度は就業規則のご相談(依頼)をしたことがある方です。

1.完全にご納得いただいたうえで当事務所をお選びいただきたいから!

解決策の概要をご提案するのにそれほどお時間はかかりません。その程度の時間で会社にとって今後にかかわるような重要な課題の解決のキッカケになるのであれば嬉しいのです。「ぜひ、無料で1度、本格的なコンサルティング(解決策の提案)を経験して欲しい」と思うのです。そういう理由から、深い悩みを抱えた方(本気で問題を解決したい方)に、お越しただきたいと考えています。

2.効果的な解決策がたくさんあるのに、それを知らないで苦しんでいる経営者・実務担当責任者の方が多すぎるから!

​■当社労士事務所からのご相談者様への3つの約束

お電話やDM等の一切の営業行為はしないことをお約束いたします。料金やお見積もり等の話も私からは一切いたしませんので、もし、お気にいっていただけましたら、御社からお見積もりや料金のご質問、お申込等をお願いします。なぜ、そのようなことをお約束するかというと、理由は明確です。当事務所の業務は書類の作成ではなく課題の解決なのです。御社に「この人(専門家)なら当社の課題を解決してくれそうだ」と思っていただかない限り、私からお勧めするわけにはいかないからです。

1.お電話やDM等の営業行為は一切いたしません

人事労務の問題は、なかなか人に話せない悩みもあると思います。「お恥ずかしい話ですが・・」と仰る経営者の方も多いです。社会保険労務士には、法律上守秘義務(社会保険労務士法21条「秘密を守る義務」)が課せられており、ご相談でお話頂く内容は一切の秘密が厳守されます。もし、気になる場合には、守秘義務契約を面談の冒頭で交わすことも可能です。御社でお話しずらい場合には当社会保険労務士事務所にお越しいただけます。

​2.お話いただく内容は秘密厳守いたします

会社のことを1番真剣に考えているのは経営者です。経営責任を負っているのも経営者です。ですので、私がご相談を受けた際に、まず最初に伺うのはご相談者である経営者の方が「どうしたいのか?」です。それに、沿った解決策をご提案いたします。価値観を押し付ける専門家が多いように感じますが、当事務所はそのようなことがないように常に心がけております。

3.御社の価値観に沿ったご提案をします

大変申し訳ございませんが、原則として、経営者の方にご参加いただくことをお願いしております。就業規則は、単なる書類の束ではなく、働くうえで社員の方が守るべき規則や人件費等の労働条件という極めて重要なものを取り扱います。経営責任を負っている方が決定すべきものです。もちろん、代表取締役の方でなくても、役員の方、後継者、ご家族(家族経営の場合には)の方等で、会社から課題を任されている方であれば問題ありません

1.経営者がご参加ください

地域についてですが、当事務所へお越しいただけるのであれば、全国から受け付けております。御社での対面相談をご希望であれば、東京都、又は当事務所の所在地である月島から片道1時間以内でうかがえる会社様とさせていただいております。

​2.地域について

就業規則無料相談は、毎月26日を起算日として、月5社限定となっております。また、1年を通じて行っているわけではありません。実際、2019年は2月8日から5月6日まで就業規則無料相談(無料コンサルティング)の募集は停止しておりました。どうか、ご了承ください。

3.月の上限・時期

​■就業規則相談(無料)をお受けいただける方

​ ※は必須項目です​

就業規則ブログ

所在地 〒104-0052 ​東京都中央区月島1-16-8 GRID402

 Copyright フェスティナレンテ社会保険労務士事務所. All rights reserved.