フェスティナレンテ社会保険労務士事務所へのアクセス

​1 フェスティナレンテ社会保険労務士事務所 アクセスマップ

2 最寄駅の有楽町線 月島駅からのアクセス

​大江戸線からお越しの場合には、3番目の写真から進んでください。

月島駅からのアクセス

有楽町線8a出口

有楽町線月島駅を降りたら、一番近くの8a出口をでて、そのまままっすぐに進んでください。右手に見えるビルにはセヴンイレブン月島駅前店や複数の飲食店(めし屋・カプリス・LAVINA等)が入っています。

 

★ビルの飲食店では食事をしたことはありませんが、美味しそうな飲食店がたくさんあります。

月島駅からのアクセス2

​一つ目の交差点が見えます。ここは、曲がらずに進んでください。しばらく歩いていただくと、右手にスーパーマーケット(フジマート月島店)があります。そこが交差点になっていますので、右に曲がってください。

​★撮影日(お正月)の関係から、写真の人通りは非常に少ないですが、普段はたくさんの人で活気があります。

IMG_0726.jpg

フジマートの交差点を右に曲がった道です。右手にふくろうカフェ(フクロウのみせ)があります。この道をまっすぐに進んでいただくと途中に交差点がありますが、曲がらずに進んで下さい。そうすると、もんじゃストリート(西仲通り商店街)に出ます。

 

​★​大江戸線からお越しの場合には、8a出口を出ると、目の前に清澄通りがあります。清澄通りを渡っていただくと、この道に出ます。

津敷島駅からのアクセス もんじゃストリート

目の前にあるのが、いわゆる  もんじゃストリート(西仲通り商店街)です。交差点の左手には月島署西仲通り地域安全センターがあります。もんじゃストリートを突き抜けて、数十メートル進んでください。

★月島にお越しさの際には、ぜひ,1度、もんじゃをお召し上がりください。おすすめは『明太餅チーズもんじゃ』です。ほとんどのお店にある鉄板もんじゃです。

GRID フェスティナレンテ社会保険労務士事務所

写真の建物がフェスティナレンテ社会保険労務士事務所が入っている建物 GRIDになります。1階にはSODAというBARが入っています。GRIDの隣はアクセルホーム月島店になっています。正面はもんじゃ屋さんです。

​★少し先に行ったところには隅田川が流れています。お昼に散歩をすると、とても気持ちが良いです。

フェスティナレンテ社会保険労務士事務所(GRID402).jpg

​建物の正面画像です。ビルはオートロックになっていますので、1階にあるインターフォンで402号室を呼び出してください。

​★場所はわかりやすいと思いますが、万一、道に迷われた場所には、事務所概要にある電話番号にお電話をください。代表の小嶋がお迎えに伺います。

月島駅からのアクセスは以上です。月島は隅田川が流れ、公園も多く、とても良い街です。また、当事務所は窓ガラスが多く開放感があります。150センチの水槽があり、熱帯魚が泳いでいます。人事労務の問題(労使問題)はお話しにくい内容もあると思いますが、リラックスした雰囲気の中でお話していただけるように事務所をデザインしています。​ぜひ、1度お越しください。心よりお待ちしております。

​よくあるご質問(対応エリア)

Q 対応エリアについて教えてください

​A 対応エリアについてですが、月島の当社労士事務所にお越しただけるのであれば、日本全国からお受けしております(日本全国対応)。なお、一度は直接お会いしてお話をお聞かせいただきたいのですが、それ以降は、このような社会情勢ですので、メールのやり取りを基本としつつ、お電話やZOOM等オンラインでで進めていくことも可能です。

Q  1度は会って話をしないといけないのですか?

​A 当事務所のお客様は、初めて就業規則を作成するという方よりも「就業規則を見直したい」という方が多いのですが、就業規則を見直したいという理由を伺うと、「最初の段階で安易に作成して後悔している」という方があまりに多いです。このようなことは、最初の段階で専門家からご説明を受けていれば防げたことです。私のお客様にはそのような思いをして欲しくないので、1度はお会いして就業規則作成(見直し)の目的を伺わせていただいております。

「オンラインのみでも十分ではないか?」というお考えの方もいらっしゃるでしょうが、直接、お会いしてお話を伺わなければ伝わらないこともあります。オンラインはとても効率的で素晴らしいツールですが、効率だけでは解決できない問題があると私は考えております。

 

ただ、「(遠方で)直接会うのは難しいけど、どうしても(弊所)に依頼したい」という大変ありがたい声をかなりいただくようになりました。「できれば、1度は直接お会いして、御社のお話をお聴かせ頂きたい」というのが弊所の願いではありますが、ご事情によっては、オンラインのみでごご依頼いただくことも可能です。ご相談はお問合せフォーム からお願いいたします。柔軟にご対応させていただきます。